About

11年前JR福知山線の脱線事故の際、花火大会などイベントが自粛となる中、地域の方が町を元気づけたいと犠牲者追悼の意味も込めて武庫川河川敷で灯籠流しを行うようになりました。

その後、阪神大震災からの「再生」の意味を込めた現代美術家”大野良平”の「生」とコラボレーションし東北被災地や様々な逆境への祈りを込めて市民の力でイベントを運営しています。


このイベントにかかわる人々

大野良平(現代美術家)

宝塚は、中心市街地に武庫川が流れています。川という素晴らしい観光資源を活かしましょう。
人は、それぞれ想いを抱いて生きています。
宝塚「生」祈りのメッセージイベントを介して、人々がそれぞれの想いを共有できる場となることでしょう。
宝塚の夜が「生」の祈りの灯で彩られます。夕涼みをかねてぜひとも足をお運びください